You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5回目の命日

こんにちは、お久しぶりです。


 ワイルズが逝ってから5年が経ちました。
彼の部屋はいまだに亡くなった頃のままで、愛猫のポンが自分の部屋として居座っています。
この部屋は誰にも使わせないぞ、という気迫に満ちたオーラを放ち、彼のベットの上で眠っています。
ワイルズが大好きだったこの部屋は、猫の顔をした妹ポンが守っているようなのでこのままにしておきます。
おそらくそれは、片づけたくない私の言い訳なので、ポンが天寿を全うしていなくなったら片づけることとします。
 ワイルズの跡には、なかなか踏み入ることができない。。

 認めたくないことですが、私が死んだあとは、家中の物がすべてゴミとして他人の手によって処分されることでしょう。
だったら、大切なものほど私が処分しなければいけないのだと強く思います。
 私にとって、とてもつらい作業ですが。。
断捨離やミニマリストが語る必要最低限の物との生き方などとはほど遠く、単に「飛ぶ鳥跡を濁さず」という単純な思いです。
できるだけ、他人に迷惑をかけないで生きることが理想です。
そして、ワイルズのような潔い最期が理想です。。
 あっ、すみません! つい、自分語りになってしまいました。


 父ワイルズの容態について。
去年の記事内容とほぼ同じです。
良くならず悪くもならないという固定状態は、どう捉えたらよいのかわかりません。
本人は、生きていられて幸せ、とは決して思っていないと確信します。
7月3日で3年が経過し、寝返りもうてず、見ることもできず、言葉も出ない、飲食もできない。
生きている楽しみがない毎日。
私にだけは、動く左手でバシバシ叩いてあばれ、鼻の管を抜こうとしたり、血がにじむほど頭や額を掻きつづけたりして、
怒りを表現しているように感じます。
元気な時に(脳出血になる1ヶ月ほど前)、彼から言い出したふたりの約束。
お互いに、突発的な事故や病気で、行きたいところへ行けず、やりたいこともできない状態になったら、生きる意味がないと思うので延命はしない。   殺してくれ、と彼は言っていました。(いや、日本では安楽死や尊厳死は認められていない)
自発呼吸ができるようになり、当初装着していた人工呼吸器は除かれました。でも、嚥下ができないので、、鼻からの経管栄養が続いています。それは彼にとって、延命処置であり、意に反することなのだと思います。(執拗に管を抜こうとする)
私が約束を守らないことに、彼は苛立っています。
私は、ずっと苦悩しています。もし、立場が逆だったら・・・。それは、耐え難い地獄です。
経鼻の栄養を中止して餓死させることが、彼にとって良いことなのでしょうか。
でも、私が彼の立場だったら、それを強く望むと思います。
 生きる意味は人それぞれで、他人の人生をとやかく言う資格は誰にもないはずですが、それでもあえて言う人は必ずいます。
相手の立場に自分を置き換えて、想像力を最大限に働かせても、完全に相手の立場や感情を理解することは不可能なのです。
理解しているつもりでも、やはり自分が現実にそうなってみないと実感できないことなのです。
ですから、彼の苦しみは誰にも理解してもらえない。
私はそばにいて、自分の無力さを毎回思い知るだけの面会時間を過ごしています。
いや、心の中は複雑でも、笑って明るく顔拭きや髭剃りをやっていますから安心してください。


 ワイルズを失って、さらに頼りがいのある父ワイルズとの意思疎通が不可能になり、ひとり家の中で読書する時間が増えました。
無邪気なポンが心の救いです。
ワイルズが未知の世界へ行ってしまったので、戸惑った私は妄想しました。
「ワイルズは、10年間の任期で月面での作業を命じられた」
そう、10年間、ワイルズには会えないので仕方ない。私は自分の人生を生きるしかない。
そして今日、ちょうど半分の5年が過ぎました。
う~ん、自分の人生を生きるって言っても読書しかやっていない。精神世界や死生学に興味が向き、その関連本を読み漁ってきました。今は、アルフォンス・デーケンさんにはまっています。尊敬できる方は、いつの世も存在するのだということを改めて知りました。同じ人間でありながら、なぜこうまで謙虚であり、穏やかに死生を語ることができるのでしょうか。学びの足りない自分を反省しつつ、もっと精進したいと思いました。
5年後、ワイルズが月面の任務を終えて帰還しやっと会えたなら、読んだ本の事や自分が考えたことなどたくさん話をして、また、ワイルズの体験話や思ったこともたくさん聞いて、ともかく語り合いたいと思います。(妄想が長くてすみません)


 月を見上げてワイルズのことを思います。 元気にしているのだろうか。。
あの子の話し声や、笑い声が頭の中に響いてきます。
ああ、ほんとうに大好きだったんだ。
自分の命より大切な存在だったのに。。


 忙しい一日で、記事更新がギリギリになってしまい申し訳ありません。
22時10分に、ご焼香にいらした方と「ももの缶チューハイ」で忘れずに乾杯しました。
ネットの向こうで乾杯してくれた方がいましたら、心より感謝いたします。ありがとうございました。
それでは、また一年後に。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。