You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4回目の命日

こんにちは。 お久しぶりです。


 ワイルズが逝ってから4年が経ちました。
私にとっては、毎日語りかけ思い続けている息子なので、正直なところ「命日」に違和感を覚えます。
肉体はたしかにこの世からなくなりましたが、意識は異次元に存在すると思っていますので。・・・あの、気は確かですからご心配なく。

 4年間は、過ぎてしまえばあっという間で、いろいろなことがありました。
その中でも、私にとって大きな変化と思えることをひとつ。
 先月初め、強風でなびいたカーテンがワイルズの遺影を倒しました。
翌日、私の携帯ストラップのヒモが切れました。(ワイルズが生前、ネット購入した東方キャラの幽々子ストラップががが....)
どちらも家の中で起きた気になる出来事でした。
 東日本大震災のとき、震度5弱の揺れでもワイルズの祭壇上(3段)は何一つ倒れず、父ワイルズと「無敵だな」と言って笑いました。
その無敵な最上段の遺影が前に倒れて、2段目に頭をつき逆立ちしていたのです。(しばらく放心状態で見入った)
翌日、携帯ストラップが切れているのを知ったとき、ふっとひらめいたのです。

「ワイルズが私に言っている。もういいかげん、祭壇を片付けろと言っている」

今年に入ってから、妙に場所を取り、横のクローゼットの中も整理できず、少しイラッとする存在になっていた祭壇。
でも、決心がつかず片づけることを迷い続けていた祭壇。

   ・・・・・・・・

で、先週片づけました。ようやく片づけることができました。
代わりに、小さな仏壇・仏具を購入してワイルズ好みのディスプレイにしました。
私にとって勇気のいる決断でしたが、背中を押してくれたのはワイルズでした。
カメのようにのろい進捗でも、私にとっては自身の人生を一歩踏み出せたような嬉しい気持ちになりました。
「ありがとう、ワイルズ。ママ、これからもがんばるからね」


 父ワイルズについて。
結論から言いますと、前回の記事内容と状態はほぼ同じです。
動かせる左手足の力が強くなったことと、笑顔の頻度か増えたことが良い報告かと。
 今年2月20日に、病院から言われて2度目の転院をしました。
転院先の病院は、同じ市内なので自宅から車で約15分弱。とても助かります。
ただ、コミュニケーションをとるすべがないので辛いときがありますが、なんとかやってこられているので大丈夫です。
真剣にあれこれ悩んでもすぐに好転することではないので、気長に見守っていこうと思っています。


 ワイルズの命日に毎回思うことは、年に1回でも彼のことを思い出してくださる方がこの世にいるということの有難さ。
彼が生前言っていました。
「僕は、たとえ死んでこの世からいなくなっても、僕を覚えていてくれる人の中で生き続けていけるから満足だ」
そう、このブログを読んでくださったすべての方に心から感謝いたします。
今宵10時10分に、「ほろよい ももの缶チューハイ」でいっしょに乾杯しましょう!

それでは、また。
スポンサーサイト

COMMENT

母ワイルズ様、お久しぶりです。
ブログの更新待っておりました。
お母様がお元気そうで、ワイルズくんも安心していると思います。
祭壇の件、本当にお母様の思われている通りだと私も思います。前に進んで欲しかったんでしょうね。
私も事あるごとにワイルズくんを思い出します。私もまだまだ頑張れる!って勇気をもらいます。
父ワイルズ様の御病状の御報告、ありがとうございます。病院が近くになって良かったですね。
ポンちゃんはお元気かしら?うちのちゃーもヨボヨボしてますが、何とか頑張っています。
それでは、またブログの更新、九州の地から待っております。

2014.08.02| URL| シータ #- [編集]

Re:シータさん

コメントありがとうございます。
本当にお久しぶり! 嬉しいです!
 ご主人はお元気でいらっしゃいますでしょうか?
ポンは、8歳ですが現役のハンター猫です。家の中にいつのまにか入っている虫をことごとく仕留めて、私にとっては心強い相棒です。(あっ、私は下僕の身分だった...笑)
九州は、今年たびたび台風の影響で大雨にみまわれて(今も12号の影響で...)大変ですね。心配です。どうか、前向きな考え方で逞しく乗り越えてください。
 ご主人の実家に来られる際は、こちらにもお寄りください。
 ちゃーちゃん、ヨボヨボしていても大切な家族です。思いっきり可愛がってあげてくださいね。
 生前よりワイルズを支えてくださったシータさん、ずっと恩人です。
 それでは、また。

2014.08.03| URL| 母ワイルズ #- [編集]

早速のお返事ありがとうございます。

台風の影響はありますが今回はそんなに被害は出てません。ご心配ありがとうございます。でも、ず~と雨です。

次の台風も週末に来そうです。

主人の事を書かなかったので・・・。
お薬のおかげで普通と変わらない生活がおくれてます。(色白と顔のむくみはそのままですが)
例のノバ〇ティスにはがっかりですが、そのお薬に頼るしかないからなぁ。
主人はグリベックのままです。今年の12月で5年になりますね。最近では
断薬の治験も行われていますから、少しずつ進歩してるのでしょうかね。
タシグナかスプリセルという第二、第三世代のお薬を2年くらい飲んで断薬するみたいです。この治験がうまくいくと良いのですが。うちの主人は治験には参加してませんが。

ちゃーはもう16歳です。でも獣医さん曰く、最近の猫は長生きだからまだ大丈夫だそうです。でももうカリカリのエサはあまり食べなくて、缶詰かパウチの柔らかい物ばかり食べてます。昔より贅沢な猫になってます(笑)

それでは、また(^.^)/~~~

2014.08.05| URL| シータ #- [編集]

コメントへのお返事、ありがとうございました。

息子は小児ALLで、そろそろバクタが終わる予定です。
当初複数の内臓への浸潤が激しかったので、薬から解放され、
感染を気にしなくてもいい日がくるなんて、思いもしませんでした。

>肉体はたしかにこの世からなくなりましたが、意識は異次元に存在する

私も本当にその通りだと思います。
直接お会いしたことはないのに、
ワイルズくん、どうしてるかな~って、気になって
よくこちらにお邪魔させてもらっています。
きっと何かで繋がっているのかもしれませんね。

まだまだ暑い日が続きますが、どうぞお体を大切にお過ごしください。

2014.08.07| URL| ゆきだるま #- [編集]

母ワイルズさま、こんにちは。
ワイルズ君の4回目の命日は海外にいたので、桃のチューハイが見当たらず、帰国後に遅ればせながら乾杯させて頂きました。


ポンちゃんももう8歳になられたのですね。
そしてワイルズ君は21歳。
お写真がひっくりかえって逆立ちされていたとのこと。
ワイルズ君らしくてびっくりですね。

父ワイルズさま、ゆっくりゆっくりながらも回復されているということ。
お近くの病院に移られて、母ワイルズさまとゆったり過ごされ、回復が進むことを心よりお祈りしています。

母ワイルズさまもからだにだけはじゅうぶんお気をつけて。
また来ます!

2014.08.14| URL| marimo #- [編集]

Re:marimoさん

お久しぶりです。
コメントをありがとうございます。

 乾杯していただき嬉しいです。ありがとうございます。
きっと、ワイルズも喜んでいると思います。
 月日の流れは早く、ポンは高齢猫の域に達しましたが元気で長生きしそうです。ワイルズがいなくなってから、ワイルズの部屋は私のものという感じでいつも彼のベッドで眠っています。ワイルズも、ポンが大好きで可愛がっていたので、きっと私にはわからない絆のようなものがあるのかもしれませんね。微笑ましいことです。
 父ワイルズは、彼なりに頑張っていると思います。
私は無力な存在ですが、見守り続けます。家族は、住む場所が異なってもいつもいっしょです。3人と1匹で笑いあって過ごした時間の記憶がある限り、その気持ちは揺らぐことはありません。安心してください。
 健康で長生きできるように頑張ります。
 それでは、また。

2014.08.15| URL| 母ワイルズ #- [編集]

ワイルズ君なら、言いそうですね
きっと何度も言ってたんかな?でも通じなくて(形として現した)みたいな感じですね。
ワイルズママさんの中で、生きているのですね。
姿形はなくなっても、生きている
わかります。
これからも時折ママさんにメッセージを送ってこられるかもしれませんね。

闘病の本やブログはたくさんあるけれど、こんなにも心動かされたものはありませんでした。

パパさんの倒れた記事を読んだ時、本当にショックで、この世には神も仏もないのかと
正直、思ってしまいました。

ママさん、あなたの姿勢には頭が下がります。
あなたのような母だから、ワイルズ君のような聡明で頭の良い精神も強い子に育つのですね。

パパさんの具合が、少しでも良くなりますように、、、
ママさんもお身体に気をつけて、、、

たまには息抜きして下さいね、、

毎日 毎日 本当にお疲れ様です。


2014.09.04| URL| 彩 #- [編集]

突然 失礼します。

私、自宅で修学旅行の受入をしています。
今度、急性リンパ性白血病の高校生女子が来られることになりそうで、慌ております。

病気や対応について分かればと思い、探していたところ、此方に、たどりつきました。

接する上で、気をつけることについて、教えて頂ければ、幸いです。

2014.10.18| URL| 高山 #- [編集]

Re:彩さん

返信遅くなって申し訳ありません。
いろいろと心温かいコメントをしていただきありがとうございます。

 ワイルズには毎日語っているのでいつもいっしょの気分でおりますが、やはり極限の淋しさに襲われることがあります。
今は異なる世界に生きている母子ですが、私が天寿を全うしてあの世へ行ったら再会できると信じているので頑張ります。
 また、父ワイルズの心配をしていただきありがとうございます。
ゆっくりと穏やかに夫婦で生きていきますから安心してくださいね。
 人生における試練は誰にでもあることですから、何度でも乗り越えて生き抜きます。ワイルズが心配するので弱音は吐きません。

 彩さんの私に対するお気遣い、嬉しかったです!

2014.10.19| URL| 母ワイルズ #- [編集]

Re:高山さん

返信遅くなり申し訳ありません。

 私の考えでは、「感染症」と「疲れ」の二点に気遣ってあげれば良いと思います。
おそらく、女子高生もその点を自覚して対策をしていると思います。
具体的には、風邪気味で咳の出る人はマスクをすること。飲食物は衛生的にすること。(食材、食器、調理器具の衛生面は、日常的な方法でかまいません)
 「感染症」に関しては述べたらきりがないのですが、白血病患者にとっては一番注意すべきものなのです。入院治療中であれば命取りにもなりうるものです。
修学旅行に行かれる許可が医師よりでている彼女は、免疫力がそれなりにあって、体力も他の生徒に及ばないながらも大丈夫でしょうという医師の判断なのでしょうから、あまり神経質に考える必要はないと思います。
 「疲れ」に関しては、やはり他の生徒と同じスケジュールを行動していると体力的に無理が生じやすいので、顔色や表情をときどき気にしてあげてくださればよいと思います。自分から言葉で不調を明確にできる子でしたら安心ですが、内気で我慢してしまうお子さんだと可哀そうなので、様子が変だと感じたときは軽く「だいじょうぶ?」と声掛けをしてあげてください。

 白血病とはいえ彼女は、思いっきり同級生と楽しい時間を過ごしたいと修学旅行に参加したはずです。
その気持ちを理解して、大切な思い出作りにぜひ協力をしてくだされば彼女も嬉しく思うでしょう。
 私からも、どうぞ彼女のことを宜しくお願い致します。
 緊張しないで大丈夫です。
 頑張ってください。
 拙い内容で申し訳ありません。

2014.10.19| URL| 母ワイルズ #- [編集]

突然かつ不躾な質問にお答え下さりありがとうございました。

楽しく過ごせるよう、がんばります。

2014.10.20| URL| 高山 #- [編集]

突然失礼します。

私は2年前に急性骨髄性白血病で入院していた大学生です。
私は入院中、ワイルズさんのブログと出会いました。
何度も何度もワイルズさんのブログを見て励まされました。
誰の励ましの言葉よりも、
ワイルズさんの強く生きた姿が
私の心を強くさせてくれました。。
ずっとお礼を申し上げたいと思っていました。
本当にありがとうございました。

2014.12.29| URL| とも #- [編集]

Re:ともさん

コメントをありがとうございます。

 つらい闘病生活の中で、ワイルズのブログに出会い支えとなった感謝の気持ち、嬉しく思います。ワイルズもきっと喜んでいると思います。
ともさんのご病気が完治することを心より願っております。
不屈の精神を忘れず、人生を謳歌してくださいね。
よいお年をお迎えください。 

2014.12.30| URL| 母ワイルズ #- [編集]

Re:YUさん

11月22日に「FC2拍手」のコメント欄よりコメントをくださったYUさん、返信が大変遅くなって申し訳ありません。
 ご子息さまを亡くされたYUさんの悲しみが筆紙に尽くしがたいものと理解しました。
ありきたりな慰めや励ましの言葉は無意味に思われます。
ご自分の意のままに過ごされることが最善かと。
 私事ですが、ワイルズが亡くなって4年5ヶ月。偉そうなことを言っている私も実は、毎日葛藤の日々を送っています。
元気に明るく生きる努力と、強い喪失感・空虚感にさいなまれる心の闇に支配される時間を繰り返しながら生きています。
否応無しに他界した息子の心中を想像すると、その苦しみは残された母親の比ではないと思います。そう考えると、母親は、この世を立派に卒業した息子のために自分の苦しみを克服する努力をして、息子の分も貪欲に人生を生き抜くことが務めなのでは、と思うようになりました。
 YUさん、最愛のご子息さまとは実体があろうとなかろうと、母との絆は強く結ばれており、お互いの思いは永遠に理解しあえると思いますよ。
共に、焦らずゆっくりと「凛とした母」をめざして生きていきましょう。
 なにかありましたら、いつでもいらしてください。

2014.12.30| URL| 母ワイルズ #- [編集]

Re:さきポン母さん

FC2拍手へのコメントをありがとうございます。
あちらのコメントは、ワイルズが非公開設定にしていますので「お礼コメント」を入力することができません。(コメント公開に設定変更できますが、ワイルズの意思を尊重してそのままにしています)
なので、返信はこちらでさせていただきます。

 憂鬱な日々を送っていらしたと、書いてありましたが大丈夫ですか。
娘さんを亡くされて、常に精神が安定した状態で生活できるとは思いませんが、やはり娘さんのためにも時間を大切にがんばって生きてくださいね。
私も同じですよ。
自分自身の弱い気持ちに負けないよう闘って踏んばっています。
アンジェラ・アキさんの音楽や画像をみると、さきちゃん母娘を思い出し、忘れることはありません。
 新たな年を迎えて、お互いによりいっそう強い母親になる努力をしましょうね。

2015.01.06| URL| 母ワイルズ #- [編集]

先日は、アドバイスありがとうございました。

結局、天候による日程変更で、我が家には、泊まられませんでした。

遅くなりましたが、ご報告まで。

2015.01.26| URL| 高山 #- [編集]

Re:高山さん

わざわざご報告をありがとうございます。
 いつか、これから先に出会うかもしれない白血病患者の方がいらっしゃるかもしれません。
病気へのご理解と、ちょっとしたお気遣いをよろしくお願い申し上げます。
 また、なにかありましたらいつでもこちらへご訪問してくださいね。

2015.01.26| URL| 母ワイルズ #- [編集]

Re:T.S先生

FC2拍手へのコメントをありがとうございます。
ワイルズが小学5・6年生のとき担任だったS先生、実名はまずいのでイニシャルで返信させていただきます。
 あと一ヶ月で、ワイルズの5回目の命日です。
時間の流れは一定なのに、毎日が異常に速く過ぎます。歳のせいですかね(笑)
いつか、お会いできる日を楽しみにしております。

2015.06.30| URL| 母ワイルズ #- [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。